最近は幼い子供でもストレスなどで胃の不調を訴えるケースが増えています。ネキシウムなどの胃腸薬は有名で普及していますが、子供が服用しても大丈夫なのでしょうか。今回はそんな疑問を調査していきます。

2017年01月の記事一覧

胃の悪さでネキシウムとセルベールと四逆散を使い分け

ネキシウムとセルベール、四逆散はどれも胃の調子を良くするために用いられる薬です。
しかし、これらの薬はどれも同じ効果を持つというわけではないので、それぞれの人の胃の調子がどのように悪いのかによって、薬を使い分ける必要があります。
まず、ネキシウムは胃酸過多のせいで胃痛や胸やけなどが起こっている人に適している薬で、胃潰瘍や逆流性食道炎、十二指腸潰瘍などの治療を受ける時に病院で処方されることがある薬です。
ネキシウムは一般名ではエソメプラゾールと呼ばれる薬で、プロトンポンプ阻害薬という種類になり、胃酸の分泌を強力にストップさせる働きが、人によって効果の差がほとんど無く安定して得られることが長所となっています。
それに対してセルベールは胃もたれや胸やけの症状がある人に向いている薬ですが、テプレノンという成分が胃の粘液を増やして胃酸やアルコールで胃がダメージを受けないように守ったり、胃の運動を活発にする成分の力で消化不良などが原因の胃もたれを改善するといった効果を持っています。
セルベールは弱った胃の働きを整えることで不調を改善しようとする薬なので、どちらかというと普段使いに適している薬となり、胃酸が多すぎて胃に炎症が起こっているなどの激しい症状にはネキシウムの方が良いと考えられます。
そのため、胃の調子を良くしたいと漫然と思っている時にはドラッグストアでセルベールを購入し、胃が痛くてつらい時やドラッグストアの薬で改善が見られない時は、病院で診察を受けてネキシウムなどの強い薬を処方してもらうのがおすすめです。
それから四逆散は漢方薬のひとつで、炎症を鎮めて痛みを和らげる効果を持つため、胃炎や胃潰瘍などに良いとされています。
漢方薬は副作用が少ないことがメリットですが、患者さんの体質と症状に合わせた薬を選ばなければならないので、胃の不調を四逆散で治したい人はまず医師に相談してみるのがおすすめです。

続きを読む